JASRAC

    2b0e5246-s

    式辞に歌詞引用、著作権料を 京大HP掲載でJASRAC 

    昨年ノーベル文学賞を受賞した米歌手ボブ・ディランさんの歌の一節を、京都大の山極寿一総長が取りあげた4月の入学式の式辞について、 
    日本音楽著作権協会(JASRAC)がウェブ上に掲載した分の使用料を京大に請求していることが18日、関係者への取材で分かった。 


    ディランさんの楽曲を管理するJASRACは「個別の事案のコメントは差し控える」、京大広報課は請求された事実を認め「根拠の詳細を知らされていないため、特に対応していない」としている。 

     式辞は京大のホームページで閲覧できる。山極総長は、京大の学風につながる「自由な発想」に関する説明の一環でディランさんの歌「風に吹かれて」を紹介。 
    「答えは風に吹かれている」などと歌詞の一節を引きながら、常識にとらわれないことの大切さを説いている。ディランさんの歌詞は日本語訳を含め、式辞全体の1割弱を占める。式辞の最後には、ディランさんの歌の出典が記載されている。 
    【著作権侵害!京大入学式、総長式辞にボブ・ディランさんの「風に吹かれて」を引用→JASRACから使用料を請求される】の続きを読む

    JASRACが楽器教室からの著作権料徴収へ……ネットで反発続出 「見送ることはないが、利用者側と協議したい」 
    20949b98-s

    玉井克哉(Katsuya TAMAI) 
    何度も書いてますが「JASRACの懐」というのは、存在しないのです。経費を控除してみな配分してしまうので。 
    黒字が出たときさえ、翌年度の配分に回す仕組みです。 

    玉井克哉(Katsuya TAMAI) 
    ここ数日間、この問題に関心のないフォロワーさんにご迷惑をかけていますが、そろそろ限度かな、と。 
    https://twitter.com/tamai1961 

    ※関連スレ 
    【893】JASRACが作曲者にお金を払っていなかったことが判明 
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news/1486180355/

     
    【JASRAC「もう我慢の限界。JASRACの懐などというものは存在しない。全部アーティストに配分してる」】の続きを読む

    このページのトップヘ