自動車

    e4a0b562-s


    泥酔状態で車を運転して人身事故を起こし、男性に軽傷を負わせたとして、大阪府警西堺署は19日、 
    自動車運転処罰法違反(過失傷害)などの疑いで、大阪府富田林市川面町、経営コンサルタントの男 
    (37)を現行犯逮捕し、同法違反(危険運転致傷)に容疑を切り替えて送検したと発表した。 

    送検容疑は1日午前8時55分ごろ、堺市中区八田西町の府道交差点で、アルコールの影響で正常な 
    運転が困難な状況で乗用車を運転し大型トレーラーと衝突、運転手の男性(40)に軽傷を負わせたとしている。 

    車検切れの状態で自賠責保険もないまま運転していたといい、同署は道路運送車両法違反(無車検運行)と自動車損害賠償保障法違反(無保険運行)の容疑でも追送検した。 

    同署によると、男は1日午前3時ごろから約4時間、同市堺区内の焼肉店やスナックで酎ハイやテキーラなど計17杯を飲んでおり車で帰宅中だった。「お金がなくて車検を受けなかった。酒は飲んだが正常な運転ができないほどではない」などと供述したが、事故当時はろれつが回らず、会話が困難なほど酔っていたという。 
    交通事故における過失割合 自動車事故及び消滅時効、評価損等の諸問題 [ 伊藤秀城 ] 【テキーラなど17杯飲んで人身事故 車は車検切れ、自賠責保険もなし】の続きを読む

    このページのトップヘ