20

 歌手の高橋真梨子(67)が「紅白歌合戦紅組司会の有村架純に怒った」と 
報じられたことについて、所属事務所は13日未明にホームページを更新し、 
週刊文春に対する法的措置を取りやめたことを報告した。 

 所属事務所は11日発売の週刊文春の報道に対し、12日の時点では、 
「全くの事実無根」と反論した上で「今後、名誉毀損(きそん)の訴えを起こす予定で 
おります」としていた。 

 しかし今回、あらためて事実無根であると主張したが、「今回のような行為は、 
高橋真梨子本人含め、スタッフ全員が遺憾の思いでございますが、編集サイドとの 
話し合いの結果こちらの事実関係はご理解いただいたとして、弊社としまして 
今後この件に関して法的措置は取りやめました」とした。 
【【芸能】高橋真梨子側が文春への法的措置取りやめ】の続きを読む