教師

    ed103385

    岐阜市の市立小学校で、50代の教諭が児童に給食を残さず食べるよう指導し、 
    今年7月までに1、2年生の計5人が嘔吐していたことが26日、市教育委員会への取材で分かった。 
    市教委は「指導に不適切な部分があった」として、25日付で教諭を厳重注意処分とした。 

    市教委によると、教諭は昨年度、担任を受け持った1年生のクラスで給食を残さないよう指導。 
    偏食の多い児童にはスプーンで口元に運ぶなどしていた。 
    昨年4〜12月にかけて、4人の児童が吐き、うち2人は3回前後もどした。 

    教諭は今年7月、補助で入った2年生のクラスでも完食するよう指導、1人がもどした。 
    児童はこの日体調が悪く、親が学校に給食指導の配慮を求めていたが、伝わっていなかった。 
    ほかの教諭も完食を指導していたが、吐く児童はいなかったという。 

    市教委に9月、匿名の電話があり調査を開始。 

    聞き取りに教諭は 
    「好き嫌いがないように励ます気持ちだった。 
     無理に食べさせることはしていないが、児童に申し訳ない」と話している。 

    子どもの偏食・野菜嫌い いつかはきっと食べられる 【岐阜県「給食を残さず食べなさい」給食指導で児童5人嘔吐、教諭を厳重注意】の続きを読む

    035d0ec4-s2b125b3f-s

    http://www.asahi.com/articles/ASK5H3PTDK5HPTIL00R.html?iref=comtop_8_05 

    大阪市内の府立高校で、バレーボール部の練習中に顧問の男性教諭が部員1人に 
    至近距離から繰り返しボールを当てる動画がツイッターに投稿されていたことが 
    15日、わかった。同校は動画の存在を認め、「事実関係については現在、調査している」 
    と説明している。 

    同校によると、動画は14日午後の練習中のものという。レシーブの練習をする際に 
    顧問の男性教諭が1人の男子部員(2年)に対し、至近距離から繰り返しボールを当てる 
    様子が映されている。男子部員はけがなどはしていないという。 

    同校は14日に動画が投稿されていることを知り、15日朝から顧問ら関係者から 
    事情を聞いているという。 



    動画 
    https://video.twimg.com/ext_tw_video/863681643231326208/pu/vid/360x640/BmhvkyvrO1ybiioG.mp4 

    【【パワハラ】大阪府立今宮工科高学で男性教師がバレー部員に繰り返しボールをぶつける動画がツイッターに投稿】の続きを読む

    このページのトップヘ