e01b4fca-s

米の宝くじで829億円当選「のんびり暮らす」 

【ニューヨーク=吉池亮】米国の宝くじ「パワーボール」の抽選で7億5870万ドル(約829億円)の当たりくじが出た。 

幸運を射止めた東部マサチューセッツ州の病院職員、メイビス・ワンジックさん(53)は24日、記者会見し 
「これからはのんびり暮らすわ」と笑顔を見せた。同日朝には32年間勤めた病院に電話をし、退職を申し出たという。 

パワーボールは6個の数字の組み合わせを選ぶ宝くじで、当選者がいないと繰越金で賞金額が膨れあがる仕組み。AP通信によると、 
今回の賞金額は史上2番目だが、的中はワンジックさんだけだったため、単独で受け取る賞金額としては米国で過去最高となった。 
  
一括受け取りを希望したため、賞金額は減額されるが、それでもワンジックさんが手にする金額は税引き後で3億3600万ドル(約367億円)に上るという。 

宝くじで1億円当たった人の末路 [ 鈴木 信行 ] 【【宝くじ】829億円当選のアメリカの女性(53)が32年務めた病院に電話一本で退職】の続きを読む