企業

    5b10f90d-s

    学生に有利な売り手市場の影響を受け、新卒採用で人手確保に苦慮する企業は多い。 
    中小企業は、学生に根強い大手志向のあおりを受け、辞退を見越して多めに内定を出しても採用の見通しが立たない。 
    採用活動は厳しさを増している。 

    製造業ではベテランの退職が続き、若手の技術職は引っ張りだこだ。この会社は中途採用で人材確保を目指したが苦戦が続き、 
    狙いを新卒に切り替えた。内定辞退は約30人。人事担当者は「辞退の数は予想の範囲内だが、 
    そもそも関心を持って話を聞きに来る学生が少ない。学生と会えなければ内定を出すこともできない」とぼやいた。
    マイナビ2019オフィシャル就活BOOK 内定獲得のメソッド 就職活動がまるごとわかる本 いつ? どこで? なにをする? [ 岡 茂信 ] 【内定もらった大学生の7割が勝手に辞退!何のための内定かと企業側は激怒】の続きを読む

    52b82952-s8f05e92b-s

    10月28日から11月5日まで東京ビッグサイト(東京・有明)で開催の「東京モーターショー」で、SUZUKIブース(東7ホール)の女性コンパニオンが指で作るSのマークの再現度が高いとネット上で話題になっています。 

    かっこいいフラッグ エンブレム ステッカー スズキ SUZUKI枠サイズ:5cm×10cm(右向き)レーシング ステッカー 車用 ステッカー バイク カー用品 バイク用品 デカール カーステッカー かっこいい ドレスアップ 【美技!東京モーターショー コンパニオンの手が完全にスズキ】の続きを読む

    903c070e-sea497dbe-s

     ソニーは1日、AIを内蔵し、愛着が持てるロボット犬という「aibo(アイボ)」を発表した。2018年1月11日に発売し、価格は198,000円。 

    https://av.watch.impress.co.jp/img/avw/docs/1089/275/aibo01_s.jpg 

    平井社長が「おいで、aibo」と呼び掛けると、3匹のaiboが登場。人と心のつながりをもつエンタメロボットとして、1年半かけて開発したことを訴求した。詳細は追ってレポートする。




    「復活の日 ロボット犬にかける」 未踏の地平をめざせ【電子書籍】 【ソニーがロボット犬「aibo(アイボ)」を復活! 価格19.8万円】の続きを読む

    b79826dc-s

    ファミリーマートが24時間営業の見直しに着手したことがわかった。 

     このほど一部店舗で深夜営業をやめた。売り上げはどれだけ減るのか、一方で人件費や光熱費などの経費はどれほど浮くのかなど、経営への影響を検証する。 

     人手不足や出店競争で激化する客の奪い合いにより、コンビニ加盟店の経営状況が苦しさを増していることに対応する。「いつでも開いている」ことを他業態にない利便性として訴えてきた業界のなかでは、極めて異例の試みといえる。 

    ■当面は「実験」との位置付け 

     ファミマは2016年9月にサークルKサンクスと統合。現在、両ブランドの合計で全国約1万7800店を展開している。ファミマはこのうち深夜帯の来客が少ない数店舗で、深夜から未明にかけての営業をやめる。当面は「実験」という位置付けだ。 

     コンビニ業界では最大手のセブン-イレブン・ジャパンが1974年に国内1号店を開業。75年には24時間営業を開始し、少しずつ全国へと広げてきた。ファミマも80年代前半には大半の店舗が24時間営業に切り替わっている。現在では鉄道駅構内やオフィスビル内を除いた約95%が24時間営業店だ。 

    ファミリーレストランなど他業界では数年前から、24時間営業を見直す動きが広がっている。深夜帯はアルバイトやパートが集まりにくく、人件費もかさむため、各社業績の重しとなってきたのが理由だ。 

     一方、コンビニ業界で見直しの機運が広がらなかったのは、コンビニ店舗のほとんどが「株式会社セブン-イレブン・ジャパン」や「株式会社ファミリーマート」といったチェーン本部の直営店ではなく、本部とフランチャイズチェーン(FC)契約を結んだ独立事業主が運営するFC加盟店だからだ。 


    コンビニ24時間営業の裏側は キャバ嬢・保育士…夜に働く人々【電子書籍】[ 朝日新聞 ] 【コンビニ過渡期!ファミリーマートが24時間営業の見直しへ】の続きを読む

    f435d5fc-s

    世界最強のポータブルパソコン「DuraPAC」(ACME Rugged Compact Portable Computer DuraPAC)が、あまりにも屈強で最強すぎると話題だ。実際に見ればわかるが、その見た目のインパクトは絶大。まるでデスクトップパソコンを持ち運んでいるかのようである。 

    ・外装が超頑丈すぎる 
    DuraPACはデスクトップパソコンに取っ手がついたようなデザインで、キーボード部分を折りたためば、アタッシュケースやバッグのように持ち運ぶことが可能。しかも外装が超頑丈に作られており、アルミシートメタル仕様。有事や災害時などの国防に関するシーンでも使用可能だ。 

    ・マシンパワーも絶大 
    極寒、灼熱、高湿度、あらゆる環境下で、普通のノートパソコンより耐性が保たれるようだ。しかもマシンパワーも絶大で、モニターがフルHDはもちろんのこと「4フルレングスの拡張スロット」だったり「Intel CoreTM i7-2600 3.4GHz」だったりと、申し分ないスペック。 

    ・DuraPACスペック 
    サイズ: ワイド(16:9) 17.3インチLEDバックライト LCD 
    解像度: 1920×1080フルHD 
    チップセット: Intel H77 
    CPU: Intel Core i7-2600 3.4GHz Quad-Coreプロセッサー 
    メモリ: 8GB DDR3 1333Mhz(最大32GB) 
    素材: アルミシートメタル仕様 
    重量: 19Kg 

    ・カフェでのノマドにもピッタリ 
    いまだ世界各国で紛争が勃発し、異常気象で大きな被害が生まれている。これからのサバイバル時代にDuraPACなら耐えられるのではないだろうか。また、普段使いのノートパソコンとして、サラリーマンなら出張での使用にも使えるし、オシャレ女子ならカフェでのノマドにもピッタリ。価格はオープンプライスだ。 

    ちなみに、さらに強力なポータブルパソコンとして「MegaPAC LC」や、ビデオ編集に強い「vMix Go」も販売されており、よりハイスペックで上質なパソコンライフを送りたいノマドにオススメだ。 
    suaoki ポータブル電源 大容量120000mAh / 400Wh 【【画像】DuraPAC!最強ノートパソコンが登場】の続きを読む

    このページのトップヘ