岡山県玉野市の渋川動物公園から大型陸亀のアルダブラゾウガメ「アブー」が2017年8月1日に逃げ出し、飼育員らが血眼になって探すものの「フン一つ」見つからなかった。 
園は発見者に懸賞金50万円を贈ることを14日に発表し、親子連れ2人が16日午後に元気なアブーを園から約100メートル先の茂みで発見した。 
 14日に懸賞金を発表したところ、16日までに数十人の「 懸賞金ハンター」達が集まって来た。多い時は20人ほどでの捜索が行われた。そしてアブーは16日午後に発見された 
。発見したのは岡山市の男性(39)と中3の次男(15)。なんと14時に捜索を開始して15分で見つけたのだという。この親子はメディアに引っ張りだことなり、NHKニュースなどで、 

  「茂みの中の歩きやすい場所を選んで捜した。まさか本当に発見できるとは」 

などと満面の笑みで語り、宮本園長から50万円を手渡されるシーンなどが放送された。夏休みの素晴らしい思い出になったようだ。 

 しかし、飼育員など専門家が2週間かけてもフン一つ発見できなかったのに、レジャー感覚で来た親子が、どうしてアブーを15分で発見できたのだろうか。 

甲羅はピカピカお腹を空かせている様子もない 

 宮本園長は取材に対し、 

  「メディアの方々には大きな声で言えないことがあるんですよ」 

とし、小声でこんなことを話してくれた。 

 アブーが発見された場所は飼育員がこれまで2度探しに行っていてフンや食べかすなど痕跡は一切なかった。しかもあの場所、本来は調べる必要がないという 
。それは側溝があるためカメはあちら側には行けない、というのだ。そして戻ってきたアブーを見た時に「なるほど!」と思ったという。居なくなった時と様相が違っていて 
、甲羅がピカピカで体には埃一つないような状態だった。お腹を空かせている様子もなかったという。 

 実はNHKニュースで園長とアブーの対面シーンが流れた時に、宮本園長は、 

  「逞しくなった...」 

と言って大声で笑っている。今回の騒動が全国ニュースになりアブーの存在が知られるようになり、次は懸賞金がニュースになればアブーが見つかるはずだ、という予感が的中したというのだ。 

  「とにかくアブーが見つかり言葉にならないくらい嬉しいし、捜索に協力してくれた人、懸賞金をゲットして大喜びをしてくれた親子、 
結論としては全部丸く収まった。みんな喜んでくれて万々歳、ということです」 

と宮本園長は喜んでいた。 
カメの飼い方がよくわかる本 ミドリガメからリクガメまで [ 霍野晋吉 ] 【渋川動公園物園の不明ゾウガメアブー「15分で発見」のナゾ 園長が語った「大きな声では言えないこと」】の続きを読む