7c8c6c3f-s

マラソン大会で誘導ミス 完走児童は1人だけ 

1人だけ正しいコースを走りました。マラソン大会で誘導ミスがあり、参加した263人中262人が失格となりました。 

ミスが起きたのは、5日に岡山県笠岡市で開かれたマラソン大会です。 
笠岡市によりますと、3キロコースの小学3年生から6年生の部には263人が参加。誘導ミスによって262人が誤ったコースを走りました。 

本来、3キロだったコースは2キロ足らずになり、1位の児童は6分51秒でゴールしました。 
最後を走っていた児童の後ろには係員が付いていたため、たった1人だけ正しいコースで走りきりました。 
他の児童は全員失格となり、笠岡市は唯一、完走した児童を優勝者として表彰することを決めました。
【小学生マラソン大会でコース誘導ミスにより263参加で262人が失格】の続きを読む