e797f275-s

1:シャチ ★2017/03/21(火) 12:40:02.96 ID:CAP_USER9.net
ウォール・ストリート・ジャーナル 3/21(火) 12:32配信 

 クリームチーズや半熟の目玉焼きが乗ったベーグルは、もはやこれまでだ。マンハッタンの 
シーフード販売店兼レストランは、
「朝食にスシを」というコンセプトを消費者に売り込んでいる。 

 観光客にも人気の商業施設チェルシーマーケットに長年にわたって店を構える「ロブスター・プレイス」は先月、 
20席のスシバー(カウンター式のすしコーナー)の開店を午前9時半にする試みを始めた。 
シェフの「おまかせ」は68ドル(約7700円)。以前はスシバーはランチとディナーしかやっていなかった。 

 同店のデービス・ヘロン氏によると、スシの朝食に対する顧客の反応は上々で、20人やってくる日もあったという。 

 同氏によると、「朝食にスシを」というコンセプトは東京の築地市場からアイデアを得た。また、 
同店の調理スタッフは以前から仕込みのために朝から出勤していたため、 
営業時間が長くなっても人件費がそれほど上がらないという事情もあったという。
【寿司はドーナツよりも健康 朝からスシ、ニューヨークで新たなブームとなるか】の続きを読む