スポーツ

    6796b497-s

    1:名無しさん@涙目です。(東京都)@\(^o^)/ [US]2017/06/02(金) 12:02:11.65 ID:FjDXJJZI0●.net BE:583472408-PLT(14015)
     
    Serbian Women's Volleyball Team Celebrates Win With Offensive Photo 

    This is not a good look. 
    The Serbian women’s volleyball team struck a distasteful pose after beating Poland over the weekend. The win secured Serbia’s place in the 2018 FIVB Women’s World Championship, 

    and to celebrate, the team posed for a group shot where most players are seen pulling back their eyes. 

    The gesture, historically used to mock people of Asian descent, is presumably in reference to the 2018 championships being held in Japan. 
    The photo, which was originally featured in an FIVB story about the game, has since been removed, according to Deadspin. But that doesn’t mean people were OK with the photo’s brief appearance. 

    【セルビアの女子バレーボールチーム 「日本人の目は細いw」と馬鹿にして大炎上】の続きを読む

    184e22ac-s

    「浦和の選手が我々を刺激した」
    ACLベスト16の日韓対決は前代未聞の乱闘劇となった。監督会見に出席したチョ・スンファン監督は「いいマナーを見せることができなかった。フェアプレーができなかった点は申し訳ない」と陳謝したが、「勝利する者もマナーが必要だと思う」と浦和側にも非があると主張し、DF槙野智章のガッツポーズが挑発行為だと訴えた。

    「浦和の選手が我々のベンチの前に来て、刺激をするようなセレモニーをしたので、それに対して我々もセレモニーをしたのだと思います」

    延長後半9分にDF森脇良太が値千金の決勝ゴールを決めると、槙野がガッツポーズで喜びを表現したが、敵軍はこれに激高。延長後半の終了間際には控え選手のDFペク・ドンギュがベンチを飛び出し、ピッチを猛ダッシュで横断してMF阿部勇樹にひじ打ちを食らわせ、一発退場に。試合後は騒然とした雰囲気の中、済州の選手たちが血相を変えて槙野を追い回すなど、驚愕の蛮行が連鎖した。

    「韓国では試合後の乱闘はよくあることなのか」と報道陣に問われた指揮官は「真相については今後把握する必要がある」とした上で、「一方的なものではなく、お互いのアクションがあって起きた出来事だと思う」と反省の色はなく、最後まで“両成敗”を主張した。 
    【【サッカーACL】 「浦和の選手のガッツポーズは挑発行為」 済州のチョ監督、喧嘩両成敗を主張】の続きを読む

    58

    日本代表FW本田圭佑が所属するACミランは、今季リーグ最終節の敵地カリアリ戦を1-1で引き分けて全日程を終了した。今季2試合目のスタメンとなり、キャプテンマークを巻いて今季初めてフル出場した本田は、セットプレーを中心にチャンスを作ったもののゴールに絡めず、ミランでのラストゲームを敗戦で終えた。 

    ミランは4-3-3システムでスタートして右ウイングにスソ、左ウイングに本田でスタートしたが、前半のうちにアクシデントが発生。前半30分にスソが負傷でプレー続行不可能となり、オカンポスが投入された。 

    前半のミランはボールを長く保持するものの、なかなか決定的な突破を見せることができなかった。そうしたなかで同17分にはカウンターを受け、FWジョアン・ペドロに不揃いな最終ラインの裏を取られ、1対1を冷静に決められた。本田は左サイドを突破するシーンがあったものの得点に絡むことはできず、0-1でハーフタイムを迎えた。 

    後半に入るとミランは左サイドバックのDFレオネル・バンジョーニに代えてFWジャンルカ・ラパドゥーラを投入。3-3-4システムといった形になり、本田は左ウイングから5分ほどで右ウイングにオカンポスと入れ替わった。 

    ミランは後半17分にセットプレーのセカンドボールからPKを得ると、キッカーはFWカルロス・バッカが務めた。しかし、ゴール右を狙ったキックは完全に読まれてセーブされた。それでもミランは同27分にラパドゥーラのクロスを中央で合わせようとしたバッカが倒され再びPKを獲得。これをラパドゥーラが決めて同点に追いついた。 

    しかし、ミランは直後の同30分にDFガブリエル・パレッタが2枚目のイエローカードを提示されて退場処分になった。パレッタはこれで今季5度目の退場処分と、プレーの不安定さが最終戦まで目立ってしまった。 

    本田はセットプレーから可能性を感じさせる弾道のボールを何本もゴール前に入れていたが、そのチャンスも生かせず。数的不利のミランは試合終了間際のアディショナルタイムに、ペドロの直接FKのこぼれ球をDFファビオ・ピサカーネに蹴り込まれて決勝ゴールを許し、1-2で敗れた。 

    キャプテンマークを巻いた本田にとっては、退団を表明しているだけに3年半を過ごしたミランでのラストゲームになったが、敗戦で終了。有終の美とはならなかった。  【【サッカー】<本田圭佑>初の主将でフル出場もACミラン有終の美飾れず 1-2敗戦】の続きを読む

    yjimage

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/2017/03/24(金) 14:05:39.60 ID:CAP_USER9.net
    春の選抜高校野球にいよいよ真打ち登場だ。 
    高校・大学野球の選手向けフリーマガジン「サムライベースボール」の編集長である古内義明氏が、清宮幸太郎が追い求める理想についてレポートする。 
    【清宮幸太郎「理想の選手は、松井秀喜さんと王貞治さんです」】の続きを読む

    このページのトップヘ