労働問題

    56c86520-s

    ホリエモンこと堀江貴文さんの発言が波紋を呼んでいる。朝日新聞が10月12日に掲載した「『なんで保育士の給料は低いと思う?』低賃金で負の循環」との記事に同日、「誰でも出来るから」とコメントしたことが発端だ。 

    堀江氏は、保育士の給料が上がらない理由について事実を述べただけと解説しているが、ネットでは、これを含む一連の発言に対し、賛否が分かれている。 

    現役保育士は賛同「『子どもと遊ぶだけ』の印象を変える努力が必要」 

    マクロミルが今年4月に発表した調査では、会社員・公務員として働く70人の保育士の平均月収は19万1176円だという。年収は約230万円の計算だ。たしかに低い。 

    替えが効かない仕事は世の中そんなに多くないが、特定の職種を挙げて「誰にでも出来る」と評価するのは、その職種や就業中の人を貶そうとして使われることがある。そのため、今回の堀江氏の発言を「保育士を馬鹿にしている」と受け止めた人も多かった。 

    「そんなに言うなら一か月保育士をやってみて」「国家資格が必要だから誰にでも出来るわけじゃない」といったコメントは多々寄せられたが、堀江氏はこうしたコメントを「論点がずれている」「感情論の極みだな」と一蹴する。 

    また、自身の「誰にでも出来る」発言について後に、リプライに返信する形で補足している。職場環境については「当たり前のこれまでをなんら改善しようとしないからダメなんだよ。例えば壁の装飾とか本当に必要?とかね。IT化も遅れてるしな」と、効率化が進んでいないことを指摘。発言の真意についても、 

    「誰でも(やろうとしたら大抵の人は)出来る(大変かもしれない)仕事だから希少性が低く(コンビニバイトなどと同様に)給料が上がらない構造になっている」 

    と、説明していた。これには、現役の保育士でSNSでの人気も高い「てぃ先生」が 

    「私は保育士をしていますがその通りだと思います。資格を持たずとも子育てはできる。一方で、国家資格をとり子どもにあたる保育士がいる。この両者の違いであるはずの『専門性』がオープンでないし、当然世間も認知していない。『子どもと遊ぶだけ』の印象を変える努力が必要」 

    と賛同するコメントを出していた。 

    昨年は「介護士は誰でも出来る仕事」発言で物議 

    ネットでは、「ホリエモンの保育士発言に関する批判、まぁ気持ちは分からなくもないけど、論点違くないかと思う」「言っていることは正しい」と、堀江氏を擁護する人もいるほか、「わざわざ炎上させて保育士の低賃金現状を周知させてくれてるの親切〜」と、騒動を皮肉る声も聞かれていた。 

    堀江氏は昨年8月にも、自身のツイッターで「介護士は誰でも出来る仕事だから単価は残念ながら上がらない」と発言し、物議を醸している。 
    子育てハッピーアドバイス [ 明橋大二 ] 【ホリエモンがまた炎上「保育士の給与が低いのは誰にでもできる仕事だから」発言で物議! 】の続きを読む

    43b0244e-s


    札幌市職員 アルバイトで免職 

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/sapporo/7003972661.html 
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を 

    札幌市の57歳の職員が公務員の兼職を禁止する法律に違反して 
    コンビニエンスストアや飲食店などでアルバイトを繰り返し、収入を得ていたなどとして、 
    市はこの職員を15日付けで懲戒免職の処分としました。 

    懲戒免職の処分を受けたのは、札幌市北部市税事務所の畑山啓造主査(57歳)です。 
    札幌市によりますと、畑山主査は、おととし2月から2年あまりにわたって 
    市内のコンビニエンスストアや飲食店など12の店舗でアルバイトを繰り返し、 
    あわせておよそ195万円の収入を得ていた上、勤務時間中に居眠りや 
    勝手に席を離れる行為を繰り返していたということです。 

    畑山主査は、「借金と養育費で生活が苦しかった」と話し、反省しているということですが、 
    札幌市は、公務員の兼業を禁止する法律に違反して信用を失墜させたとして、 
    15日付けで懲戒免職の処分にしました。 

    札幌市の遠藤康弘税務担当局長は 
    「心より深くお詫び申し上げます。職員の服務規律の徹底に取り組み、信頼回復に努めていきます」 
    とするコメントしています。 

    札幌市はこのほか、それぞれ生活保護費の誤って支給したり、 
    工事の発注で不適切な事務処理をしたりしたとして、2人を減給の懲戒処分としました。 
    ◆◆アルバイトの達人 いつ、どこで、なにを、なぜ、どうやって、いくらで、…こんな不安がなくなる本。 / アルバイトの達人編集部/編著 / 内山工房 【札幌市の職員(57)、2年間にコンビニや飲食店等12の店舗でバイトを繰り返し、計約195万円を稼いでいたのがバレて解雇】の続きを読む

    d982943b-s

    ■どの順序で消滅するか 

    ただし、AIとロボットが人間の能力を超えるのには、順番がある。論理的には「足」「脳」「腕」「顔(表情)」「手の指」の5つの要素がすべて人間に追いついたときに、初めてAI搭載ロボットは人間と同じ仕事ができるようになる。 

    この5つは各々異なる専門家が異なるロードマップで開発を進めており、開発スピードはあくまで予測の範囲でしかわからない。 

    しかし現時点でフューチャリストはこの順序通り、つまり「足」「脳」「腕」「顔」「指」の順に人間レベルの機能が完成していくだろうと予測している。 

    2035年にAIとロボットが仕事という観点で人間の能力を超えるのは、過渡的に「足」と「脳」そして「腕」までにとどまる可能性が高い。これは新発明で思いもしないブレークスルーが起きて変わる可能性はあるが、現時点での一定の根拠のある有力な仮説と捉えてほしい。 

    シナリオにこのような前提を置くことで、人類が失業する未来社会の議論を深めていくことができるようになる。 

    「足」「脳」「腕」の能力が人間を超越してしまった段階で、現在の人類の仕事の半分以上は失われてしまうだろう。 

    ■知的労働の大半はなくなる 

    仕事消滅は最初にドライバーの仕事で起きる。2025年にまずそれが確実に起きる。 
    そして2030年になるとパラリーガル(弁護士助手)、銀行の融資担当者、裁判官といった主に頭を使う仕事の中の「専門家の仕事」がAIに仕事を奪われるようになる。 

    やがて2035年頃になるとより汎用的な管理職、経営者、そして研究者、クリエイターの仕事もAIにとって代わられるようになる。 

    同時にロボットの足と単純な手の役割が人間に近づく。重いものを設置する仕事や、宅配業者の配達の仕事などが2035年頃にはなくなっていくだろう。 

    2040年以降の世界に残された人間の仕事は何か? 

    知的労働の大半はなくなる。そして人類に残された仕事の大半は、ロボットより優れた指先が必要な単純労働の仕事に絞られていくようになるだろう。 

    このシナリオ通りにAIとロボットが発展すれば、2035年には、人類に残されたロボットに対する唯一の優位は「指先の器用さ」だけになる。 

    たとえば2035年の世界では、パティシエが菓子を造形するような仕事が「高度な技能職」として世界で一番給料が高いレベルの仕事になるかもしれない。 

    ■マックジョブを人間が奪い合う時代 

    もっと大衆的な仕事で言えば、コンビニの店員のように大量の商品をバックヤードから店頭に運んで陳列するような仕事は、指が未熟なロボットでは無理だろう。 

    マクドナルドの仕事も有望だ。熱い鉄板の上にミートを並べ、焼き目をつけてひっくり返しながら、バンズにケチャップとマスタードをドレスして、その上にピクルスを載せる。 

    手先が器用でなければそう簡単にはできない仕事だ。「スマイル」という、ロボットにはまだ難しい表情が重要な付加価値となる仕事も、2035年の時点では残されているだろう。 

    日本の産業界ではマクドナルドの従業員の仕事のように、マニュアル通りに行うことで任務を達成できる仕事のことを「マックジョブ」と呼んでいる。2035年以降の世界では、人類に残されたわずかなマックジョブを、労働力人口全体が競うように奪い合う。そんな時代がやってくるのだ。
    マトリックス 特別版 [ キアヌ・リーヴス ] 【【AI大失業時代】20年後の人間は「マクドナルドの肉焼き係」を奪い合う】の続きを読む

    0f9451d7-s

    1:ニライカナイφ ★2017/08/06(日) 17:35:19.03 ID:CAP_USER9.net
    いま、年金の受給開始年齢を「75歳」にしようとする計画が進められている。 
    そのために、政府は国民を65歳以降もできるだけ長く働かせようとしている。 

    高齢で介護が必要になったり、日常生活に支障が出るような病気もなく、自立して健康に生活できる年齢を「健康寿命」と呼ぶ。 
    2015年に米国ワシントン大学が世界188か国を調査したところ、日本人の健康寿命は男性71.1歳、女性75.5歳で世界トップだったと発表したが、それでも男女平均で75歳には達していない。 

    政府の「75歳年金受給開始」は、健康寿命が尽きても働けというに等しい。 
    年金政策に詳しい社会保険労務士の北村庄吾氏が指摘する。 


    「厚生年金の保険料は今年18.3%まで引き上げられる。 
    給料が上がらない中、現役世代にこれ以上年金の負担を強いるのは無理です。 
    しかも少子化で働き手、つまり年金の担い手も少なくなっていく。 

    労働力人口が減る中で、政府の『一億総活躍プラン』というのは“一億死ぬまで働け”ということなんです。 
    誰も死ぬまでは働きたくないから、政府は国民に“65歳を過ぎても、70歳を過ぎてもまだ若い。 
    75歳まで働かなくてはつまらないでしょう”という意識改革をしている」 

    ◆「75歳」ではもらっても楽しく使えない 

    しかし、それは暗黒の老後を意味する。 
    経済ジャーナリストの荻原博子氏が語る。 

    「健康寿命は個人差が大きいものの、高齢者で趣味にお金を使うのは70歳代前半までの人が多い。 
    80歳を過ぎると毎日散歩をして足腰が弱るのを防ぐのに精一杯、90歳になるとバスにも滅多に乗らなくなります。 
    年を取るほどお金は使わない。 
    それでも、人間というのは自分が死ぬとはなかなか想像しようとはしないものです。 
    『明日死ぬかもしれないからお金を使おう』ではなく、『このまま長生きするとお金が足りなくなる』という不安の方が大きい。 
    だからお金を使わない。それでも年金を75歳受給にして、高齢者がやっとたっぷり年金をもらえると思ったときには、そのお金を楽しく使える健康な体ではなくなっていたというのでは老後の楽しみも何もなくなってしまう」 


    https://www.news-postseven.com/archives/20170806_602749.html
    「年金問題」は嘘ばかり ダマされて損をしないための必須知識 (PHP新書) [ 高橋洋一 ] 【【年金受給年齢引き上げ】 「75歳まで働かないとつまらない」と政府が国民の意識改革中】の続きを読む

    6d44763a-s

    1:(?∀?(⊃*⊂) ★2017/07/31(月) 23:14:03.83 ID:CAP_USER9.net
    「おまえさんみたいな若いもんは、一生こんな仕事就くなよ」──。 
    7月上旬の真夏日、記者の取材に70歳の交通誘導員の男性はこうつぶやいた。 
    男性は建設現場でダンプカーの出入りや付近を走る自動車の誘導などを行っている。炎天下の現場が続き、肌は真っ黒に焼けていた。 

    週6日勤務で月給は20万円に満たない 

    公道を使用する工事には、交通誘導員の配置義務がある。交通量の多い道路なら、交通誘導警備業務検定2級以上 
    の国家資格を持った交通誘導員が必要だ。だが、その資格に見合った待遇であるとはいいがたい。 

    山陰地方で交通誘導員として働く50代の佐藤さん(仮名)。 
    勤めていた食品会社が3年前に倒産し、地元の警備会社に転職した。 
    勤務時間は8〜17時だが、「人手が足りないときは続けて夜勤、日勤と最長32時間勤務したこともあった」(佐藤さん)。 
    資格は持っているが、週6日勤務で月給は20万円にも満たない。 

    劣悪な労働環境などの理由で、交通誘導員の不足が深刻化している。 
    ハローワークに掲載されている求人によれば、交通誘導員が多数を占める「他に分類されない保安」の2016年度の有効求人倍率は全国で33.7倍。東京都内に限れば99.9倍にハネ上がる。 
    最強伝説黒沢(11) (ビッグコミックス) [ 福本伸行 ] 【劣悪な労働環境!工事現場で深刻な交通誘導員の不足 週6日勤務で月給20万円以下…70歳男性「若いもんは一生こんな仕事就くなよ」】の続きを読む

    このページのトップヘ