クレーム

    ed7a4749-s

    関東地方の別のスーパーマーケットで人事担当者として働く50代の女性は、同僚で20年ほど勤めてきたベテランの女性従業員が客からのクレームをきっかけに去年、仕事を辞めたといいます。 

    女性によりますと同僚は中年の男性客からクレジットカードを受け取る際に片手で受け取ったところ「無礼だ」と怒られ、 
    さらに「そんな無礼なことをする店員だからカードの個人情報を抜き取ったのではないか」とおよそ2時間にわたって大声で抗議を受け続けたということです。 

    この対応に一緒にあたったという女性は「男性客はフロア中に聞こえるような大声でどなっていた。 

    同僚は、他の店員の見本となって働いてきた自負があったと思うが、みんなの前で罵倒され泣いていた。その後も『また同じ客が来たら怖い』と感じている様子だった」と話していました。 
    同僚はこの2か月後「一身上の都合」を理由に退職したということです。 

    女性は「『大丈夫、大丈夫』と同僚に声をかけてきたが、もっとフォローしてあげればよかったと今でも後悔している。 
    ただでさえ人手不足なのにベテランがいなくなった代償は大きい」と話したうえで、「昔は『客が従業員を育てる』と言われてきたが、今は変わってしまった。 
    従業員も1人の人間なのでお客さんも節度を持って接してほしい」と話していました。 
    知識ゼロからのクレーム処理入門 / 弘兼憲史 ヒロカネケンシ 【本】 【スーパーで男性客のクレーム「クレジットカードを受け取るのに、片手で受け取るな! 」】の続きを読む

    スシローのホタテが「小さすぎてヤバい」と話題 本当か確かめた結果 
    リーズナブルで美味しい寿司やフライドポテトを提供する100円寿司チェーン『スシロー』。 
    安くても寿司の味は良いと評判だが、そんなスシローに「よろしくないウワサ」が広がっているようだ。

    830cf82d-s423a3a66-s

     
    顧客満足度No.1のチームマネジメント 回転寿司スシロー7つの秘訣 [ 永田雅乙 ] 【スシローのお寿司「ホタテ」が小さすぎて酷いとクレーム】の続きを読む

    40fb03c0-s

    1:名無しさん@涙目です。(徳島県)@\(^o^)/ [CN]NG NG.net
     
    Amazonが勝手に「ブラックジャックによろしく」を無料配信。ロイヤリティも払わず 
    ↓ 
    作者である佐藤秀峰が激怒。やめろと迫るもAmazonは聞く耳持たず 
    ↓ 
    嫌がらせに「ブラックジャックによろち●こ」とタイトル変更 
    ブラックジャックによろしく 完全版 上【電子書籍】[ 佐藤秀峰 ] 【漫画家・佐藤秀峰、アマゾンにブチ切れ タイトルを「ブラックジャックによろちんこ」に変えてしまう】の続きを読む

    4970b349-s

     

    1:ノチラ ★2017/07/03(月) 11:38:23.18 ID:CAP_USER.net
    Amazonが委託している配送業者「デリバリープロバイダ」への不満を訴える声が、ここのところTwitterなどで激増している。 

     デリバリープロバイダとはAmazon.co.jpと提携している地域限定の配送業者の総称で、同社のホームページを見る限り5社が登録されているのだが、利用者から「商品が届かない」「連絡が取れない」「時間指定をしても守られない」といった不満が相次いでいる。ここ最近になって急増しているのは、ヤマト運輸の当日配送撤退の影響などによって取扱量が増加したのが直接の原因とみられるが、担当は地域によって決められているため、利用者の側で回避することは実質できず、そのこともまた利用者の不満を招いているというわけ。なお、配送便の中で「お届け日指定便」についてのみ、多くのデリバリープロバイダがサービスから外れるため、確率は下がるとの噂があるので、どうしてもというときはこの方法を試すか、あるいはデリバリープロバイダを経由することのないコンビニ受け取りを利用するのがよさそうだ。
    ◆◆週刊東洋経済 / 2017年3月4日号 物流が壊れる 【ヤマト運輸現象の余波!荷物届かず、アマゾン「デリバリープロバイダ」への不満が続出中】の続きを読む

    574ecbdd-s

    安倍政権御用達・乳首レイパー山口敬之、嘘発見器もかけられた!? 

    先日、「週刊新潮」(2017年5月18日号)が「被害女性が告発!『警視庁刑事部長』が握り潰した『安倍総理』ベッタリ記者 
    の『準強姦逮捕状』」による衝撃スクープ」を発表。その闇があまりにも深いことはトカナでも既にお伝えしたが、ザッと概要 
    をまとめよう。 

    「週刊新潮」によると、安倍政権のスーパーヨイショ御用記者である元TBS社員山口敬之が、2015年に海外でジャーナリスト 
    活動を展開する27歳女性(事件当時大学生)を避妊具も付けずに、乳首から血が滲むほどレイプしたと被害女性が暴露。 
    その年の6月には「準強姦」の逮捕状が発付されたのだが、あわや逮捕寸前という時に急展開、“逮捕取りやめ”が警視庁 
    幹部の判断により下された。記事では、そこに“圧力や揉み消し”の存在があったことを臭わせている。本サイト「トカナ」は 
    それに加えて独自ルートから入手した情報を公開。山口氏が過去にTBS局員Aさんと社内不倫をし、戸籍謄本まで偽造して 
    女性を騙していた件を掲載。激怒した不倫相手の女性が、その怒りをTBSドラマに丸々ぶつけていたことを伝えた。 
    http://tocana.jp/2017/05/post_13227_entry.html 
    【山口敬之にレイプされたとされる女性・詩織さん(仮名)が会見】の続きを読む

    このページのトップヘ