健康

    37bc7a70-s

    あらゆる社交手段を突然遮られたら、人はいったいどうなるのか? 
    そんな実験に挑んだ女性がいる。サラさん、36歳。誰にも接しない状態を5日間味わう企画に挑んだ彼女は、 
    不安と錯乱の果てに、幻覚症状を起こすようになった。 
    元気いっぱいの8歳児の子育てに追われるサラさんがこの番組企画に参加したのは、「100%の自由を与えてくれる」 
    という点が魅力的だったからだろう。しかし、最初は積極的だったサラさんも、いったん独房に押し込められると 
    神妙な顔つきになってしまう。 

    「あの時は、どうにか平静を保とうとしました。でも、そんな心構えに反比例して、実際は『どうしよう、ああどうしよう』 
    『どうやって5日間をやり過ごそう?』ということばかり頭をよぎるんです」。 
    そう当時を振り返るサラさんは、今でこそ落ち着いているが、映像では1日目からすでに神経質そうな様子が見て取れる。 
    部屋に入るやいなや、彼女はソワソワと部屋の中を往復し続けた。 

    無理もない。何しろ、撮影直前まで子育てをしていた普通のお母さんだ。育児にほぼ全ての時間を費やしてきた母親がいきなり 
    「自分だけの時間」を与えられ、いやが応でも一人でいる時間をこれから5日間も味わうのだ。 
    そんな憂鬱は、次第にこらえきれない不安へと変化した。彼女はシンクに走り寄り、ついに嘔吐してしまう。 

    気分が悪いままどうにか就寝するが、翌朝起床してもまだ具合が悪い。そのまま朝の歯磨きをするために洗面台に行く。 
    つらいだろうが、まだこの程度なら、体調がすぐれない人の朝の様子と変わらない。 
    だが、ここから彼女はカメラの前で「いきなり孤独になった人間の顛末」をありありと披露することになる。 

    歯磨きをしていた彼女は突如カメラに向かい、洗面台を指してこう言うのだ。 
    「ねえ、この洗面台を見てよ。ほら、犬がいるよね? これが目でしょ、これが耳、そしてこれが尻尾……」 
    彼女が指で示すのはただの茶色いシミなど、洗面器に付着しているものにすぎない。 
    それが犬に見えるのだという。つまり、とうとう彼女は幻覚を起こしてしまったのだ。 
    以下略 

    https://youtu.be/CkEfciHq5lw
    https://youtu.be/67fNUMO3II0 
    https://youtu.be/lWHilJu6b3Q 
    https://youtu.be/xEAOxiBjAaE  【在庫あり/即出荷可】【新品】火の鳥 (1-12巻 全巻) 全巻セット 【5日間誰にも会わないテレビ番組の実験で発狂 メンタル弱すぎなだけ?】の続きを読む

    f435f7da-s

    日本も超高齢化社会となり、100歳を超える人は珍しくなくなった。 
    彼らに「長生きの秘訣」を尋ねれば、早寝早起き、野菜たっぷりの食事、よく笑うことなど、穏やかなスローライフが語られることが多い。 
    しかし、海の向こうのアメリカからは、「シュワシュワしたアレが1番」という声が聞こえてくる――。 

    ■1日3本のドクターペッパーを飲んで60年! 

    米誌「TIME」の電子版によると、アメリカ・テキサス州フォートワースに住むエリザベス・サリバンさんは1911年生まれの御年106歳。 
    アメリカに住む5万5000人の100歳超えの1人だが、実にユニークな健康法を実践している。 

    なんと、あのフルーティーな炭酸飲料水・ドクターペッパーを1日3本飲むことが、彼女の健康法というのだ。 
    これにはドクターストップがかかったそうだが、元祖テキサス娘のじゃじゃ馬は聞く耳を持たない。 
    4年前、彼女が103歳のときのインタビューはこうだ。 

    「今までに2人の医者が『ドクターペッパーを飲むのを止めろ、死ぬから』って言ったのよ。 
    そしたら、彼らのほうが先に逝っちゃったわ」(エリザベス・サリバンさん) 

    彼女いわく、出産と扁桃腺摘出手術をのぞいて、入院したことがないという。 
    砂糖たっぷりのソフトドリンクを60年近く飲み続けているわりには健康体なんだそうだ。 

    しかも、104歳まで車を運転していたのだから驚きだ。 
    日本では高齢者ドライバーが物議を醸しているが、よくぞ事故もなく生きてこれたなと脱帽する。 

    ■今やドクターペッパーの広告塔に 

    また、1世紀もの間、メジャーリーグのテキサス・レンジャーズの大ファンであるエリザベスさんは、地元で試合があるときは、やはり地元企業である「ドクターペッパー・スナップル・グループ」に来賓として招かれ、同社のスイート席で観戦するのが決まりだという。 
    今やドクターペッパーの広告塔となったエリザベスさん。 
    昨年の彼女の105回目の誕生日には、大観衆が見守る中、始球式に登場してスタジアムを沸かせた。 

    現在、未亡人の彼女は気ままな一人暮らしを楽しんでいる。 
    2人の娘と6人の孫、13人のひ孫たちは皆、エリザベスさんとの同居を望んでいるそうだが、本人は首を縦に振らない。 
    1942年以来住んでいるフォートワースの我が家が1番ということらしい。 

    地元紙「Star-Telegram」の取材中も「良かったら飲んでって。冷蔵庫にドクターペッパーが冷えてるから!」と、茶目っ気を忘れないエリザベスさん。 
    ドクターペッパーが誰にでも“百薬の長”になるかは定かでないが、どうやら彼女にとっては「かかりつけ医はペッパー医師」で間違いなさそうだ。 

    コカ・コーラ ドクターペッパー 350ml×24本 1ケース(代引き不可)【ポイント10倍】 【アメリカ 106歳のテキサスお婆ちゃん“不健康すぎる”長生きの秘訣 「1日3本ドクターペッパー」】の続きを読む

    27ac691e

    高山善廣は頸髄完全損傷「回復の見込みなし」親友の鈴木みのる涙 
     試合中に首に大けがを負い長期欠場中のプロレスラー高山善廣(50)=高山堂=の現 
    状についての会見が4日、都内の後楽園ホール展示会場で行われ、頸髄(ずい)完全損傷 
    で回復の見込みはないと診断されたことが発表された。 
     高山は5月4日のDDT大阪・豊中大会で回転エビ固めを賭けた際に頭から落ちて動け 
    なくなり、大阪府内の病院に救急搬送され、同月8日に手術を受けた。当初の診断名は頸 
    髄損傷および変形性頸椎(けいつい)症と発表されていたが、この日に頸髄完全損傷であ 
    ると発表された。 
     会見には、高山が主戦場としていたDDTの高木三四郎社長、有志代表として鈴木みの 
    る、高山のマネジャー石原真氏が出席。石原氏は高山の現状を「意識はあるが、首から下 
    の感覚がなく、人工呼吸器をつけて呼吸をする状況でした。現在、自分で呼吸できるよう 
    になり、ICU(集中治療室)からHCU(準集中治療室)に移り、8月中旬に関東の病 
    院に転院しました。自分で呼吸のできる状況です。ただ、肩から下の感覚が戻っておりま 
    せん。お医者様からは『回復の見込みは現状ない』と言われております。本人も絶望を口 
    にしている状況でしたが、少しでも望みを持って、リハビリを行っております」と説明し 
    た。 
    場外乱筆 高山善広/著 【【格闘技の恐怖】プロレスラー高山善廣、頸髄完全損傷の怪我で回復の見込みなし】の続きを読む

    9dc45b11-s

    海外「この子は救世主だ!」 日本の高校生による世界的大発見が話題に 
    http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog- entry-2374.html 

    世界で最も人間の命を奪っている動物である蚊。 
    今回は、そんな蚊から刺される確率を激減させる方法を発見した、 
    日本の高校生にスポットを当てたNHKの映像からです。 

    現在高校生の田上大喜さんは、妹さんばかり蚊に刺されること疑問に思い、 
    さらに妹さんが蚊のアレルギーを持っていたこともあり、 
    「本当に何とかしてあげたい」と言う想いから、 
    中学生の時に、独自に蚊の研究をスタートさせたそうです。 


    妹さんの何に惹かれて蚊が集まるのかを様々な実験で調べたところ、 
    蚊が靴下に反応して興奮することを突き止めました。 
    その原因が臭いにはないことが分かり、次に足の裏の菌に注目します。 
    それぞれの足の裏を調べてみると、妹さんの足裏にいる常在菌の種類が、 
    大喜さんより3倍も多いことが判明しました。 

    蚊に刺されやすい理由が足の菌にあるとするなら、 
    除菌してしまえば蚊に刺されなくなるのではと考えた大喜さんは、 
    妹さんに足首から下をアルコールで消毒してもらいます。 
    すると、蚊に刺される箇所が一気に3分の1まで減少したそうです。 


    この大発見を伝える映像は全て日本語なのですが、 
    FBで30万人以上のフォロワーを持つNY在住の日本人アーティストの方が、 
    映像の内容を英訳して投稿した所、それがシェアされ外国人の間でも話題に。 

    (中略) 

    石鹸で足の指の間などを洗うだけでも効果はあるとのこと。 
    人によって消毒効果は大きく異なるようですが、 
    一般的には数時間は持続すると考えられているようです。

    足裏Washawasha -あしうらわしゃわしゃ-
    【高校生がアレルギーを持つ妹の協力で「蚊」の習性の一つを発見 意外な方法で刺される回数を激減させることに成功】の続きを読む

    c671bd25-s


    女子の理想スタイルは「152cm、37kg」 男性の「現実無視」に女性たちが怒る (584)

     

    1: 2017/05/03(水) 13:53:59.20 ID:EWQ1goW70●?2BP(4000)
     
    ティーン向け女性ファッション誌「Seventeen(セブンティーン)」(集英社) 
    最新号に載っている男性から見た女性の理想的なスタイルが、 
    インターネット上で話題を呼んでいる。 
    理想の身長と体重について「152cm、37kg」 
    と書かれていたことから「厳しすぎる!」と 
    女性たちの怒りを買ったようなのだ。 

    http://www.j-cast.com/2014/07/09210071.html 



    20歳〜24歳 

    男 172.15cm 
    女 158.71cm 

    文部科学省 
    http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/001/022/2002.htm


    【理想の女子スタイルは「身長152cm、体重37kg」 男性の「現実無視」に女性たちが怒る】の続きを読む

    このページのトップヘ