健康

    73f378f2-s

    ピルクルの飲み方、 99%の日本人が間違えていた 

    パッケージをよく見てほしい。 
    http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2017/11/pirukuru-1.jpg 
    ▼「150億個(65ml)の生きた乳酸菌」と書かれている。もうこの時点でピンとくるかもしれない。 

    http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2017/11/pirukuru-2.jpg 
    ▼裏面を見ると衝撃の一文「1日65mlを目安にお召し上がりになると効果的です」 

    コンビニで売られている紙パックタイプのピルクルは500mlなので一気に1本飲んでしまうと摂取過剰ということに。 
    紙パック1本で乳酸菌1,153億8461万5384個をお腹に入れてしまうことになる。 



    日清ヨーク 特定保健用食品 ピルクル 1L×6本 ピルクル 【ピルクルの飲み方を99%!の日本人が間違えていた】の続きを読む

    633639c7-s


     秋祭りでボランティアスタッフの高齢男性に大声で叱られ、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症したとして、当時5歳の女児が、主催者の埼玉県深谷市に約190万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が9日、東京地裁であった。鈴木正紀裁判官は症状との因果関係を認め、約20万円の支払いを同市に命じた。 

     判決などによると、女児は両親らと2014年11月に同市内であった秋まつりを訪れた。その際、輪投げ会場で受付の机の上の景品の駄菓子を取ったことを、80代のボランティア男性に大声で叱られた。女児は駆けつけた父親の前で泣き出し、父親と男性が口論するのを見て、4カ月後にPTSDと診断された。 

     裁判で原告側は、叱られた後、女児が両親から離れるのを怖がったり、画用紙を黒く塗りつぶしたりしたと主張。市側は、暴言はなく、症状との因果関係はない、と訴えていた。 

    それでも親か!―明治のがんこじいさんが教える“躾の憲法” (ゴマレディス) 【市に賠償命令!お祭りで机の上にあった駄菓子を取ろうとした80代スタッフに叱られた5歳女児がPTSDを発症】の続きを読む

    6d226cd8-s

    加熱式タバコ「iQOS(アイコス)」の使用済みスティックを、飲食店のテーブルに置きっ放しで帰ってもいいのか、そんな議論がヒートアップしている。 

     きっかけは飲食店店主がツイッターで、そうした写真をアップし、マナー違反だとして店を全面禁煙にした、 
    と報告したことだ。店主のツイッターには「喫煙者の立場として本当に申し訳ありません」といった謝罪が寄せられる一方で 
    、何が問題なのか分からない、とし、「使用済みの紙おしぼりと同じ扱いでいいだろ?」という反発が起きたのだ。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171027-00000005-jct-soci 

    置き去りにされたアイコス吸いがら 
    新型アイコス iQOS 2.4 Plus 【【批判殺到】アイコスの吸い殻をテーブルに置いて帰ったので「全面禁煙」にした飲食店】の続きを読む

    ac98d279-s

    神奈川県茅ヶ崎市で昨年9月、スポーツ大会で配られたTシャツを着た参加者100人以上が皮膚のかぶれを訴えるなどして重軽傷を負う事故があり、県警は、人体に有害な恐れがある薬品と知りながらTシャツのプリント用に販売したとして、インク販売会社「松井色素化学工業所」(京都市)の60歳代の役員と30歳代の開発担当者の男2人を業務上過失致傷容疑で12日にも書類送検する方針を固めた。 

     捜査関係者によると、2人は床の殺菌や消毒などに使われる薬品をTシャツのプリント用として販売し、Tシャツを着た男女100人以上に重軽傷を負わせた疑い。被害者の中には、化学熱傷の症状で入院した人もいたという。 
    インクジェットプリンタ用紙<スーパーファイングレード>(両面印刷用・厚手)A4-50枚 KJ-M25A4-50 【スポーツ大会で配布されたTシャツで皮膚やけど!京都のインク販売会社役員・開発担当者を逮捕】の続きを読む

    c6ec7665-s

     神奈川県大磯町の中学校の給食に髪の毛などが相次いで混入していた問題で、大磯町は、原因が特定されるまでは給食業者を変更しない考えを示した。 

     大磯町・中崎久雄町長「日本中をお騒がせしてしまう結果となり、町長として責任者として大変申し訳なく残念であります」 

     この問題は、大磯町の2つの中学校の給食に、髪の毛などの混入が84件報告されたもの。このうち15件は給食を製造した業者の工場で混入された。大磯町は20日の会見で、異物混入の原因が特定されるまで、給食業者を変更しない考えを示した。混入した原因が特定されていないためで今後、製造する給食を業者に写真で撮影させるなどして再発防止策を進めるという。 

     また、20日から温かい汁物を給食のメニューに加えるとともに自宅から弁当の持参を認めたという。
    学校給食 食育の期待と食の不安のはざまで 【神奈川県給食の異物混入事件に大磯町「原因が特定されるまでは給食業者を変更しない」】の続きを読む

    このページのトップヘ