健康

    ed103385

    岐阜市の市立小学校で、50代の教諭が児童に給食を残さず食べるよう指導し、 
    今年7月までに1、2年生の計5人が嘔吐していたことが26日、市教育委員会への取材で分かった。 
    市教委は「指導に不適切な部分があった」として、25日付で教諭を厳重注意処分とした。 

    市教委によると、教諭は昨年度、担任を受け持った1年生のクラスで給食を残さないよう指導。 
    偏食の多い児童にはスプーンで口元に運ぶなどしていた。 
    昨年4〜12月にかけて、4人の児童が吐き、うち2人は3回前後もどした。 

    教諭は今年7月、補助で入った2年生のクラスでも完食するよう指導、1人がもどした。 
    児童はこの日体調が悪く、親が学校に給食指導の配慮を求めていたが、伝わっていなかった。 
    ほかの教諭も完食を指導していたが、吐く児童はいなかったという。 

    市教委に9月、匿名の電話があり調査を開始。 

    聞き取りに教諭は 
    「好き嫌いがないように励ます気持ちだった。 
     無理に食べさせることはしていないが、児童に申し訳ない」と話している。 

    子どもの偏食・野菜嫌い いつかはきっと食べられる 【岐阜県「給食を残さず食べなさい」給食指導で児童5人嘔吐、教諭を厳重注意】の続きを読む

    37d60c28-s

    1:記憶たどり。 ★2017/07/04(火) 11:39:48.04 ID:CAP_USER9.net

    環境省は4日、大阪港で、南米原産で強い毒を持つ「ヒアリ」の女王アリとみられる 
    死骸を見つけたと発表した。これまでに神戸港などで見つかったヒアリはいずれも 
    働きアリで、女王アリと確認されれば国内で初めてとなる。ヒアリの女王アリは 
    1日に2000〜3000個の卵を産むとされ、大阪港で定着して繁殖していた可能性がある。 


    大阪港では6月に、別の特定外来種のアカカミアリが見つかったため周辺を駆除したところ、 
    3日にヒアリの女王アリとみられる死骸が一体見つかった。ヒアリは、ブラジルや 
    アルゼンチンなど南米中部の内陸部が原産地。これまでに兵庫県尼崎市と神戸港、 
    名古屋港で働きアリが確認されている。雑食性で、何度も刺す強い攻撃性を備えている。 
    【アース製薬】ハイパーアリの巣コロリ 12個入 【大阪港でヒアリの「女王アリ」の死骸を発見。日本に定着して繁殖していた可能性】の続きを読む

    d504e9bf-s


    視力を矯正するレーシック手術の件数が、 
    ピークだった2008年の45万件から 
    14年には5万件にまで激減したとの推計を、 
    慶応大医学部眼科学教室の根岸一乃准教授がまとめた。 
    米国や韓国など海外では広く普及し、 
    国内のスポーツ選手らが手術を受けたことで日本でも一気に広まったが、 
    患者の角膜炎集団感染などが影響したとみられる。 

    消費者庁が13年、レーシック経験者600人(20〜60歳代、複数回答)を調査した結果、 
    「光がギラギラしてにじむ」(16・5%) 
    「ドライアイが半年以上続く」(13・8%) 
    などの不具合があったと発表したことも、 
    減少に拍車を掛けたとみられる。 
    【健康問題?日本人のレーシック離れ 手術件数が45万件→5万件と激減 なんでレーシック手術しないの?】の続きを読む

    c469b3b4-s

    1: レッドインク(catv?)@\(^o^)/ [DE]2017/03/06(月) 09:30:04.69 ID:NaKDrA6s0.net BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
    世界初の“青ワイン”「Gik」が、スペインから日本に初上陸。5月9日にwebショップ宴屋 楽天市場店で先行発売される。5月23日より全国のデパートなどにも順次登場予定。想定価格は2,300円(税別)。 

    青ワインGikは、2015年5月にスペインで誕生。若手クリエイター6人がバスク大学や食品メーカーの研究者の協力を得、約2年の歳月をかけて完成させたそう。 

    特徴は天然由来の着色料をベースに色づけた深いインディゴブルーの液色。ブドウはスペイン産とフランス産の計4品種(アルバリーニョ、グルナッシュ、シラー、マカベオ)が使用されている。 

    世界で話題の“青ワイン”日本初上陸--スペインで約2年かけて開発された「Gik」
     


    【世界で話題の“青ワイン”日本初上陸--スペインで約2年かけて開発→着色料で色づけ】の続きを読む

    10代後半から30代の女性で平成25年ごろから患者が急増している梅毒などの性感染症の予防や早期発見につなげようと、厚生労働省は21日、女性に人気の美少女戦士セーラームーンを“モデル”に起用したポスターを作成した。 
    性行為によって感染する性感染症の啓発は男女双方に行うことが必要だが、厚労省は今回、若い女性に対象を絞って啓発活動を実施。 
    「若い女性が子供の頃ヒロインだったセーラームーンの力を借り、患者が増加しているこの局面を打破したい」と意気込む。 

    性感染症は性行為によって感染が広がる感染症で、梅毒やクラミジア、HIV(エイズ)などが含まれる。感染してもすぐに症状が出ないことも多く、発見が遅れたり、別の人に感染を広げたりする恐れもある。 

    性感染症の中でも、ここ数年、急増しているのが梅毒だ。平成23年には827人と、90年代から年1000人を下回ってきたが、今年は10月初旬までに3284人とすでに3000人を上回った。 
    年齢別でみると20代前半では女性が男性を上回るなど、特に若い女性の増加が顕著だ。妊娠中の女性が梅毒に感染すると、死産や胎児に重い障害が出る恐れもある。 

    こうした状況に危機感を抱いた厚労省は、昨年から女性向けに梅毒の検査を呼びかける啓発ポスターを作成。 
    若い女性に訴えるため、ピンクやハートといったモチーフを検討した結果、患者が増えている世代が子供の頃から親しんだセーラームーンに白羽の矢が立った。原作者の武内直子さんも厚労省の申し出を快諾。 
    ポスターは、月に座ったセーラームーンが「検査しないとおしおきよ!!」と検査を呼びかけるものに決まった。 

    厚労省の担当者によると、「エイズ・性感染症予防 まずは検査から始めよう」といった無難なキャッチコピーも提案したが、 
    武内さんとやりとりする中で、セーラームーンの決めぜりふ「月に代わっておしおきよ!」をアレンジしたキャッチコピーに決まったという。 
    http://www.sankei.com/life/news/161121/lif1611210025-n1.html

    lif1611210025-p1


    【「検査しないとおしおきよ!!」 セーラームーンが性感染症予防呼びかけ】の続きを読む

    このページのトップヘ