2017年07月

    d7281458-s

    1:ニライカナイφ ★2017/07/10(月) 22:42:30.52 ID:CAP_USER9.net
    外来種のアリ「ヒアリ」が各地で発見され、人的な被害や生態系への影響が懸念されています。 
    ヒアリの危険性が続々と報じられる中、ネット上では「在来種はヒアリと戦ってくれるので、むやみに殺虫剤をまくべきではない」とのウワサも流れています。 

    ヒアリはどのくらい危険な生物なのか、一般家庭ではどのような対策を講じるべきなのか、また在来種は本当にヒアリと戦ってくれるのか。 
    環境省に問い合わせたところ、アリの生態に関しては専門家でないためコメントできないとのこと。 
    そこで、アリの生態系に詳しい日本蟻類研究会所属の准教授に取材しました。 

    准教授はヒアリにかまれた時の危険性について「警戒はするべきですが、アナフィラキシーショックさえ起こさなければ、命を落とす危険性は少ない」とコメント。 
    しかし、アリ塚を踏んでしまうとそれをきっかけに襲ってくるケースがあるほか、子どもが誤ってさわってしまい襲われることもあり、その攻撃性の高さから油断は禁物としています。 
    また、かまれた時の痛みは強烈で「子どもであれば泣き叫んでしまうほど」だとか。 


    人的被害に注目しがちですが、それ以外にも従来の日本の生態系を破壊してしまう危険性も。 
    また、家畜への被害や植物の根にかみつくことによる植物への影響も懸念されているそうです。 

    写真:誤ってアリ塚を踏んだりしないように注意(東京都環境局より) 
    ikko_hiarizairai002
     

    ネット上で言われる「日本の在来種がヒアリと戦ってくれる」という話については 
    「ヒアリは非常に強いため、勝負にならない。戦ってもほぼ在来種が負けてしまうだろう」とコメント。 
    かつて、アメリカにヒアリが侵入した時にもアメリカの在来種はヒアリに追いやられてしまったそうです。 


    今後ヒアリが日本に定着する可能性については、「なんとも言えないが、気がつくと増えていたということはあり得る。 
    女王アリが次々見つかるようなことがあれば、その可能性はある」としました。 

    ヒアリの対策について、殺虫剤をまくことはある程度有効ですが、それも抜本的な問題解決につながらないとのこと。 
    現状、ヒアリの「弱点は無い」(准教授)そうです。
     
    ヒアリの生物学 行動生態と分子基盤 [ 東正剛 ] 【“在来種のアリはヒアリの定着を防ぐ” ウワサ広がる ⇒ アリの研究者「在来種では勝負にならない。戦っても負けてしまう」】の続きを読む

    40

     

    1:江戸領内小仏蘭西藩 ★@\(^o^)/2017/07/11(火) 06:16:50.19 ID:CAP_USER9.net
    「グッチ裕三」紹介のメンチカツ屋、自身がオーナーだった 周囲からは苦情 
    7/11(火) 5:57配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170711-00523483-shincho-ent 

     さもしいと言うほかあるまい。 
    料理愛好家としても知られるタレントのグッチ裕三(65)がテレビのバラエティ番組などで浅草のメンチカツ屋を大絶賛。 
    おかげで、行列の絶えない名物グルメ店となったものの、食べ歩き客があふれ、他の店舗から苦情が出ているという。 
    しかも、このお店、実はグッチ裕三自身がオーナーで、そのことを隠して、宣伝していたのだ。
     
     *** 
     例えば、2016年2月15日に放送された「はやドキ!」(TBS系)にゲスト出演したグッチ裕三は、浅草新名物として「浅草メンチ」を紹介。 
    「子どものころ、肉屋さんでメンチを売っていたからよく食べたけれど、レベルが違うな」などと褒めちぎっていた。 
     遡って、14年5月1日放送の「ヒルナンデス!」(日テレ系)でも、“開運ツアー”というコーナーで、他のゲストにメンチカツを勧め、 
    「運が向いてきそうでしょ?」「勝負に勝つ! メンチカツ!」などと同じ店を取り上げている。 

     グッチ裕三が一押しする、その「浅草メンチ」は7年前、浅草寺に程近い伝法院通りにオープン。 
    バラエティ番組などで度々オンエアされたため、たちまち行列のできる人気店になった。
    グッチ裕三のうまいぞおザ・ベスト (Lady bird小学館実用シリーズ) [ グッチ裕三 ] 【週刊新潮スクープ!「グッチ裕三」紹介のメンチカツ屋、自身がオーナーだった 周囲からは苦情】の続きを読む

    9dc45b11-s

    海外「この子は救世主だ!」 日本の高校生による世界的大発見が話題に 
    http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog- entry-2374.html 

    世界で最も人間の命を奪っている動物である蚊。 
    今回は、そんな蚊から刺される確率を激減させる方法を発見した、 
    日本の高校生にスポットを当てたNHKの映像からです。 

    現在高校生の田上大喜さんは、妹さんばかり蚊に刺されること疑問に思い、 
    さらに妹さんが蚊のアレルギーを持っていたこともあり、 
    「本当に何とかしてあげたい」と言う想いから、 
    中学生の時に、独自に蚊の研究をスタートさせたそうです。 


    妹さんの何に惹かれて蚊が集まるのかを様々な実験で調べたところ、 
    蚊が靴下に反応して興奮することを突き止めました。 
    その原因が臭いにはないことが分かり、次に足の裏の菌に注目します。 
    それぞれの足の裏を調べてみると、妹さんの足裏にいる常在菌の種類が、 
    大喜さんより3倍も多いことが判明しました。 

    蚊に刺されやすい理由が足の菌にあるとするなら、 
    除菌してしまえば蚊に刺されなくなるのではと考えた大喜さんは、 
    妹さんに足首から下をアルコールで消毒してもらいます。 
    すると、蚊に刺される箇所が一気に3分の1まで減少したそうです。 


    この大発見を伝える映像は全て日本語なのですが、 
    FBで30万人以上のフォロワーを持つNY在住の日本人アーティストの方が、 
    映像の内容を英訳して投稿した所、それがシェアされ外国人の間でも話題に。 

    (中略) 

    石鹸で足の指の間などを洗うだけでも効果はあるとのこと。 
    人によって消毒効果は大きく異なるようですが、 
    一般的には数時間は持続すると考えられているようです。

    足裏Washawasha -あしうらわしゃわしゃ-
    【高校生がアレルギーを持つ妹の協力で「蚊」の習性の一つを発見 意外な方法で刺される回数を激減させることに成功】の続きを読む

    bf9e7302-s


    バラエティ番組「マツコの知らない世界」(TBS系)公式サイトは、番組出演者から預かった資料を紛失したことを明かすと共に、資料の情報提供を呼びかけている。 

    公式サイトに掲載されたお知らせでは、「2016年10月18日放送の『号外の世界』で、出演者の小林宗之氏からお預かりしていた貴重な資料の一部を、番組の不注意で紛失してしまいました」と報告。 

    小林氏とは和解しているそうだが、「番組では引き続き、紛失した号外を捜しています」とし、紛失した資料として 
    「昭和16年12月8日付 大阪毎日新聞号外 『ハワイ等奇襲奏功』」「昭和16年12月8日付 名古屋新聞第2号外『ホノルルを大空襲』」など計8点の資料写真と共に、捜索への協力を呼びかけている。 

    なお、紛失したのは小林氏からTBSおよび制作会社が借り受けた、新聞号外約300点のうち8点で、警察にも紛失届を提出しているとのこと。 
    小林氏も自身のサイトで「探しています!」と、紛失された資料の詳細情報を公開している(https://kobayashi-shiryoubunko.jimdo.com/t16/)。 
    メルカリ完全ガイド みんな大好きメルカリのお得な使い方教えます!
    メルカリ公式ガイドBOOK

    宝島社
    売り上げランキング: 1,662
    【TBSの「マツコの知らない世界」が番組出演者から借りた貴重資料紛失】の続きを読む


    サントリーが7月4日に新発売したビール「頂〈いただき〉」の広告動画が「下品」「気持ち悪すぎる」「下ネタ」と物議をかもしています。 

    物議をかもしているサントリーの「絶頂うまい出張」東京篇の一部より。動画は既に削除済み(YouTubeより) 
    l_kikka_170707san001
     


    「“絶頂 うまい7%”の魅力を紹介する体感型ムービー『絶頂うまい出張』」と銘打たれた動画で、北海道・東京・神奈川・愛知・大阪・福岡の6都市を舞台に、 
    ご当地グルメを味わう様子や「頂〈いただき〉」のおいしさをご当地の方言を交えて紹介するというもの。 


    原明日夏さん(北海道篇)、吉川友さん(東京篇)、笹丘明里さん(神奈川篇)、山崎愛香さん(愛知篇)、柳いろはさん(大阪篇)、エイミーさん(福岡篇)ら人気グラビアアイドルが出演しており、 
    「肉汁いっぱい出ました」「(火照った様子で)暑くないと? もぉ元気良すぎやん!」「お酒飲みながらしゃぶるのがうみゃあ」などのセリフや、 
    「頂〈いただき〉」のおいしさを表すという「コックゥ〜ん」という表現を使った「コックゥ〜ん! しちゃった(はーと)」というセリフが登場しました。 

    おいしさを表す「コックゥ〜ん!」という言葉についての紹介(公式サイトより) 
    l_kikka_170707san002
     


    広告がTwitterでも告知されると、「セクハラ・パワハラを含めたコンプライアンスの不徹底さが透けて見えるよう」「女性をバカにしすぎ」「気持ち悪いCMだな、AVかよ」 
    「企業倫理ってないんですか?」「サントリー、下品になりましたね」「AVの見過ぎですか?」「サントリー上層部はみんなAVと現実の区別がつかない脳してるんだろうな」などと辛らつな批判が相次ぎ、中には不買を宣言するリプライも見受けられました。 


    神奈川篇のワンシーン。動画は既に削除済み(YouTubeより) 
    l_kikka_170707san005
     


    ■サントリーに聞く、動画で伝えたかったこと 

     こうした批判や動画で伝えたかったことの真意について、サントリーホールディングス広報部に問い合わせましたところ、次のように回答がありました。 

    ――どういうコンセプトや意図の広告動画だったのでしょうか 

    担当者:新発売した「頂〈いただき〉」のおいしさを、ご当地グルメや方言と合わせて全国のお客さまにお伝えする意図で制作しました。 

    ――女性は購買層のターゲットにしていないのでしょうか 

    担当者:男女を問わず幅広いお客さまをターゲットにしています。 

    ――動画公開後、サントリー公式Twitterなどに「女性をバカにしすぎ」「気持ち悪すぎる」「AVのよう」といった批判が寄せられていることについて把握していますか。またそうした意見についてどう考えていますか 

    担当者:視聴されたお客さまからそうしたお声が寄せられていることは把握しています。ご意見を受け、7月7日19時半に速やかに公開を中止することとしました。ご意見は真摯に受け止め、今後の宣伝活動に活かしてまいります。 
    視聴された一部のお客さまのご気分を害する結果となり、深くお詫びいたします。 


    近年、こうした動画広告についてネット上で物議をかもすケースが相次いでおり、SMAPの謝罪会見連想させるパチンコ・パチスロ動画の広告が「不快な思いをさせた」として一部削除されたほか、 
    女性向け動画メディア「C CHANNEL」が掲載したソフィ「ソフトタンポン」の広告動画が「結果的に生理に悩む女性に負担を強いる表現になってしまった」と広告を取り下げています。  サントリー対キリン [ 永井隆(ジャーナリスト) ] 【サントリー、「コックゥ〜ん!」CMに「下品」「下ネタ」と批判相次ぎ公開中止へ】の続きを読む

    このページのトップヘ