2017年03月

    0565b725-s

     

    1:自治郎 ★2017/03/25(土) 13:51:53.26 ID:CAP_USER9.net
     有給休暇は理由を問わず取得できる労働者に与えられた権利。会社側に時季変更権という例外はあるが、雇用者は申請されたら拒否できないのが原則だ。 

     日本人は世界的に見ても有休取得率が低いが、昨今ブラック労働が広く問題視され始めたこともあり、「ちゃんと有休は取ろう」という気運が高まっている。そんななか、「モンスター新人」の出現に賛否が巻き起こっている。 
    【モンスター新人「ゲーム発売日なんで有休取ります」】の続きを読む

    yjimage

    1:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/2017/03/24(金) 14:05:39.60 ID:CAP_USER9.net
    春の選抜高校野球にいよいよ真打ち登場だ。 
    高校・大学野球の選手向けフリーマガジン「サムライベースボール」の編集長である古内義明氏が、清宮幸太郎が追い求める理想についてレポートする。 
    【清宮幸太郎「理想の選手は、松井秀喜さんと王貞治さんです」】の続きを読む

    9d4d61eb-s

    1: アキレス腱固め(神奈川県)@\(^o^)/ [GB]2017/03/22(水) 16:31:35.74 ID:5UvVtCNg0.net BE:695656978-PLT(12000) ポイント特典

    レストランは休業中 川越シェフが「世の中から忘れてもらいたい」 


    “イケメンシェフ”としてテレビ出演も多かったシェフの川越達也氏(44)が、代官山のレストラン「タツヤカワゴエ」を長期間にわたり休業していることが週刊文春の取材で分かった。 
    川越氏は渋谷や白金台、出身地の宮崎などで手広くレストランや居酒屋を経営していたが、次々に閉店。「タツヤカワゴエ」は本店にあたる。 

    「タツヤカワゴエ」のHPには3月の営業について、別の事業に携わるため「お休みとさせて頂きます」と書かれている。しかし、都内の飲食店経営者はこう証言する。 

    「あの店は1年以上、事実上休業している状態です。川越氏はもはやレストランシェフとしての仕事はしていないようです」 

     同店の近所の飲食店関係者などに聞いても、「ここ1、2年くらいは営業をしているのを見た記憶がない。昨年のクリスマスも真っ暗でした」と語る。 

     HPや川越氏のブログを見ても、最近の仕事に関しては、宮崎での野菜などの通販事業やショッピングモールでの料理イベント、コラボメニューの開発などがいくつか確認できるくらい。 
    あとはここ数年ハマっているというゴルフについて、専門誌で連載を持っている程度だ。シェフの仕事はどうなっているのだろうか。 

     川越氏本人に聞くとこう答えた。 

    「もう僕は皆様に忘れていただきたくてしょうがなくて。家庭のことと子育てもありますし、出来ることなら世の中の人から、僕の存在は忘れてもらいたいくらいです」 

     3月23日(木曜日)発売の週刊文春が詳細を報じる。
    【川越シェフのレストランが次々閉店 川越シェフ「世の中から僕の存在は忘れてもらいたい」】の続きを読む

    e797f275-s

    1:シャチ ★2017/03/21(火) 12:40:02.96 ID:CAP_USER9.net
    ウォール・ストリート・ジャーナル 3/21(火) 12:32配信 

     クリームチーズや半熟の目玉焼きが乗ったベーグルは、もはやこれまでだ。マンハッタンの 
    シーフード販売店兼レストランは、
    「朝食にスシを」というコンセプトを消費者に売り込んでいる。 

     観光客にも人気の商業施設チェルシーマーケットに長年にわたって店を構える「ロブスター・プレイス」は先月、 
    20席のスシバー(カウンター式のすしコーナー)の開店を午前9時半にする試みを始めた。 
    シェフの「おまかせ」は68ドル(約7700円)。以前はスシバーはランチとディナーしかやっていなかった。 

     同店のデービス・ヘロン氏によると、スシの朝食に対する顧客の反応は上々で、20人やってくる日もあったという。 

     同氏によると、「朝食にスシを」というコンセプトは東京の築地市場からアイデアを得た。また、 
    同店の調理スタッフは以前から仕込みのために朝から出勤していたため、 
    営業時間が長くなっても人件費がそれほど上がらないという事情もあったという。
    【寿司はドーナツよりも健康 朝からスシ、ニューヨークで新たなブームとなるか】の続きを読む

    このページのトップヘ