岡山県玉野市の渋川動物公園から大型陸亀のアルダブラゾウガメ「アブー」が2017年8月1日に逃げ出し、飼育員らが血眼になって探すものの「フン一つ」見つからなかった。 
    園は発見者に懸賞金50万円を贈ることを14日に発表し、親子連れ2人が16日午後に元気なアブーを園から約100メートル先の茂みで発見した。 
     14日に懸賞金を発表したところ、16日までに数十人の「 懸賞金ハンター」達が集まって来た。多い時は20人ほどでの捜索が行われた。そしてアブーは16日午後に発見された 
    。発見したのは岡山市の男性(39)と中3の次男(15)。なんと14時に捜索を開始して15分で見つけたのだという。この親子はメディアに引っ張りだことなり、NHKニュースなどで、 

      「茂みの中の歩きやすい場所を選んで捜した。まさか本当に発見できるとは」 

    などと満面の笑みで語り、宮本園長から50万円を手渡されるシーンなどが放送された。夏休みの素晴らしい思い出になったようだ。 

     しかし、飼育員など専門家が2週間かけてもフン一つ発見できなかったのに、レジャー感覚で来た親子が、どうしてアブーを15分で発見できたのだろうか。 

    甲羅はピカピカお腹を空かせている様子もない 

     宮本園長は取材に対し、 

      「メディアの方々には大きな声で言えないことがあるんですよ」 

    とし、小声でこんなことを話してくれた。 

     アブーが発見された場所は飼育員がこれまで2度探しに行っていてフンや食べかすなど痕跡は一切なかった。しかもあの場所、本来は調べる必要がないという 
    。それは側溝があるためカメはあちら側には行けない、というのだ。そして戻ってきたアブーを見た時に「なるほど!」と思ったという。居なくなった時と様相が違っていて 
    、甲羅がピカピカで体には埃一つないような状態だった。お腹を空かせている様子もなかったという。 

     実はNHKニュースで園長とアブーの対面シーンが流れた時に、宮本園長は、 

      「逞しくなった...」 

    と言って大声で笑っている。今回の騒動が全国ニュースになりアブーの存在が知られるようになり、次は懸賞金がニュースになればアブーが見つかるはずだ、という予感が的中したというのだ。 

      「とにかくアブーが見つかり言葉にならないくらい嬉しいし、捜索に協力してくれた人、懸賞金をゲットして大喜びをしてくれた親子、 
    結論としては全部丸く収まった。みんな喜んでくれて万々歳、ということです」 

    と宮本園長は喜んでいた。 
    カメの飼い方がよくわかる本 ミドリガメからリクガメまで [ 霍野晋吉 ] 【渋川動公園物園の不明ゾウガメアブー「15分で発見」のナゾ 園長が語った「大きな声では言えないこと」】の続きを読む

    a36429c7-s

     牛のマークでお馴染みのロングセラー商品「牛乳石鹸」の広告が、インターネット上で「不快だ」との批判を浴びている。 
     物議を醸している広告は、2017年6月に公開された「与えるもの」と題したWEBムービーだ。いったい、何が問題視されたのだろうか。 
    ■家族思いの父親は「正しいのか」 
     6月15日にYouTube上に公開されたWEBムービーは、「父の日」をテーマにした作品だ。約2分43秒の動画で、俳優の新井浩文さんが主人公の男性を演じている。妻と息子と3人で暮らす男性のある一日を描くストーリーだ。 


     動画の冒頭で描かれるのは、新井さん演じる男性が出社前に家のゴミ出しをする場面。この男性にとって、今日は息子の誕生日。職場での休憩中には、妻から頼まれた息子のためのケーキとプレゼントを買いに行く。 
     ここで、男性の心情を表したかのように、 
      「あの頃の親父とは、かけ離れた自分がいる。家族思いの優しいパパ、時代なのかもしれない。でも、それって正しいのか」とのナレーションが読み上げられる。 
     その後、プレゼントとケーキを手にした男性は、仕事でミスをした後輩を飲みに連れて行く。居酒屋では、携帯に妻からとみられる着信が入るが、男性はこれを無視する。 
     飲み会を終えて帰宅した男性に対し、妻は「何で飲んで帰ってくるかな」と呆れたように一言。これに男性は「風呂入ってくる」と返し、そのまま風呂場へ。入浴シーンでは、牛乳石鹸が大写しになった後、男性は気持ちを切り替えるかのように顔を洗う。 


      風呂から出た後、男性は妻に向かって「さっきはごめんね」と謝罪。家族は改めて、息子の誕生日を祝い始める。その後、画面には「さ、洗い流そ」とのキャッチコピーが表示され、動画はそのまま終わる。 
    「がんばるお父さんたちを応援するムービーです」 
     この動画について、牛乳石鹸の公式ウェブサイト上では、「父と子の絆。とある男のなんでもない1日の物語」とした上で、「がんばるお父さんたちを応援するムービーです」と説明している。 
     だが、インターネット上では、公開から2か月程が経った8月15日頃から、動画の内容についての批判が相次ぐことになった。ツイッターやネット掲示板には、 
      「ただただ不快な気分になる」 
      「子どもの誕生日に飲んで帰って来て何を洗い流すの!? 」 
      「約束しておきながら、ひとりだけ違和感を抱えて約束をたがえる(略)男性が何を伝えたいのか、まったくわからない」 

    といった声が相次いでいる。そのほか、「本当に意味不明だった」「何を言いたいのこれ...」と制作意図が分からず困惑した様子の投稿も目立った。 

     一方、作品が描いた男性の心情に共感するユーザーも少数ながら出ており、ネット上には、 

      「何を言いたいか、誰をくすぐりたいかはわかる」 
      「『お父さん』の気持ちが分かる様な気がしないでもない」 

    などの声も見つかる。ただ、「男としての葛藤、分かるよ、分かります」と理解を示した上で、「でもそれ、牛乳石鹸と関係あるかしら?」との疑問を投げかける意見もあった。 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170816-00000010-jct-soci&p=1 
    不快極まりないと渦中の牛乳石?広告ムービー 
    http://www.dailymotion.com/video/x5x63uy 牛乳石鹸 カウブランド 赤箱(100g*6コ入)【カウブランド】[石けん] 【「牛乳石鹸」の広告が炎上!「家族軽視、パワハラ擁護、不快」と批判殺到へ】の続きを読む

    ご当地アイドルをプロデュースしていた熊本の男が、女子高校生に酒を飲ませ、わいせつな行為をしたとして逮捕された。 

    逮捕されたのは、熊本市東区のタレント事務所経営・塚本伸也容疑者(30)。 
    塚本容疑者は、熊本県外に住む女子高校生(16)に酒を飲ませ、 
    酒に酔って抵抗できない状態になった女子高校生に熊本市のホテルでわいせつな行為をした疑いがもたれている。 

    警察によると、塚本容疑者は行為をおおむね認めているが、計画性については否定しているという。 

    塚本容疑者は、ご当地アイドルのプロデューサーとして活動していた。 
    ご当地アイドルの経済学【電子書籍】[ 田中秀臣 ] 【ご当地アイドルプロデューサー塚本伸也が女子高生にわいせつ行為をして逮捕】の続きを読む

    このページのトップヘ